ポレポレ
音楽、映画、アロマ、自転車、日々のことなど・・・。
プロフィール

mizu-chang

  • Author:mizu-chang
  • 音楽が好きで、ドラムやってます。
    今やっているバンドはこちら↓
    http://www7a.biglobe.ne.jp/~gerbil/
    ジャンベやらカホンやら
    アサラトやらも、ぼちぼち。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



今日の説法




リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレジデントファミリー
最近は教育関係の特集の雑誌とかが多いなぁ・・・と思いながら
本屋さんをうろちょろしていたら、すごいタイトルの雑誌があった。
その名も「プレジデントファミリー」。
いや、続けて読んじゃうからすごい名前に見えるのかな。
プレジデントの別冊で、「子供を元気にする。親も元気になる」が
モットーという内容だそうだから。

職業柄、何か参考になるかしらん?と思わず購入。
vol.3の最新号では、灘や開成などの学校の先生方が自分の授業について
どんなことを目指して、どんなことをやっていて、その科目を学ぶ意味をどう考えているか
などについて語っているページがあった。
これが面白かった。

私は、自分が教えている数学については「論理的にものを考え、相手に解るよう伝える練習」
「いろいろな場面での問題解決のトレーニング」だと思っている。
その点では似たようなことも言っていてさほど目新しいものでもないかな?と思った。

でも、現国や地理、歴史の先生にはやられた。
出された授業の例は、つい引き込まれるようなおもしろさがあり、
そのうえ道徳なども含めあらゆる科目に繋がっていく深さがある。

それから英語の先生の「発音は第一義ではない。目指すのは明石康氏の英語。
決して欧米の発音ではないがレベルの高い単語を使い、レベルの高い討論をされている」
とおっしゃる考えも、しっかりと使える英語とは何か?という意味で同感。

先生方ご本人の知識の豊富さや実力が半端でないことはもちろん、
さらに何とか伝えたいという独り善がりではない熱意が感じられた。

私の在籍した高校にも、今まで出会った予備校の講師の方にも何人もそういう先生はいた。
うまくそういう先生に出会えたら、学校の勉強だって捨てたもんじゃないのになぁと思う。

私もそういう先生になれるようにがんばらなくちゃ。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

メールありがとう!コメント遅くなりまして。。。

なんだか、ページを見るとタイトルがあんまり魅力的でない気がする。
しかし話を聞いた限りではすごく面白そうだったのになぁw

今度、帰省するので、そのときに(まだ売ってたら)読んでみようと思います。
【2006/07/23 10:04】 URL | 見習い研究者(N) #- [ 編集]


N氏、
どもども。
うはは、そりゃあねぇ、私が仕事に関連して興味があって買ったからね~。
一般の人で子供いないんだったらおもしろい記事は一部かもしれないよ?
【2006/07/23 12:03】 URL | me-chang #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://poreporepore.blog9.fc2.com/tb.php/192-ae25ba30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。