ポレポレ
音楽、映画、アロマ、自転車、日々のことなど・・・。
プロフィール

mizu-chang

  • Author:mizu-chang
  • 音楽が好きで、ドラムやってます。
    今やっているバンドはこちら↓
    http://www7a.biglobe.ne.jp/~gerbil/
    ジャンベやらカホンやら
    アサラトやらも、ぼちぼち。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



今日の説法




リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近ごろ日本史がおもしろい
学生やってた頃は歴史ってものすごく苦手だったんだけど。
というか、話を聞いているのはおもしろいんだけど、
肝心のテストに出る年号とか人名とかそういうのが
全く覚えられなくてダメダメだった。
「教科書のあのページのあの写真の右下に書いてあったってことは
覚えてるんだけど・・・なんて書いてあったんだっけ???」
ってなパターンで。
今でもそういうのはあんまり変わらないんだろうけど、
テストとか問われることがなくなったからいいのだ(笑)。

で。

問われなくなってみると、案外おもしろいのね。
きっかけの一つは高田崇史さんの小説のQEDシリーズ。
歴史ミステリーとして読むとおもしろいと思う。
慣習として行っている行事のそもそもの意味とかの、教科書では
たぶん習わなかったこと(←私が覚えてないだけか?)なんかも。

雛祭りってもともと○○してたの!?
鬼って△△のことだったの?じゃあ節分の「鬼は外」って□□なんだ!?
桃太郎の家来って☆☆の人のことだったの?で、やっつけたのは××ってこと!?
松竹梅っておめでたいものじゃなかったんだ!?
などなど。
タタラ場の人たちの存在も重要なポイントだったりするのね?
あと、妖怪ってものの意味もだいぶ違って見えてきた。

こういうのはいろんな人のいろんな説があると思うんで、高田氏の
小説をきっかけに、他にどんな根拠でどんな説があるのか知りたくなってきた。
ただ、この小説自体は歴史モノのつもりではないのか、いろいろと
殺人事件が起きたりするんだけれど、それはいらないような・・・。
いわゆる推理小説が読みたい人には向かないかもしれないな。

それにしても、京極堂とかタタルさんとか、こんなに文献やら何やらを
暗唱できるほど熟知してる人っているのかね?
私が知らないだけかな。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

んー、まさに人が死にますぞ ‥ ですな。
【2005/11/22 16:28】 URL | dai-chang #- [ 編集]


わー、面白そう!
私も読んでみよう。いいなぁ。図書館で借りてこなくちゃw
【2005/11/22 21:36】 URL | 見習い研究者(N) #- [ 編集]


dai-chang 、
そ、それは・・・私と大ちゃんにしか分からないのでは(笑)?
たしかに高橋克彦氏の本もおもしろいよね。
高田氏や京極氏とはまたスタンスが違って。
ところで、貸した本は進んでるかい(笑)?

N氏、
好みはあるんだろうけど、私には面白かったよ。
地名のもともとの字とその意味とか、昔話と実際の歴史との関係とか、
年中行事のそもそもとか・・・。
そういうのが、現在の現実の事件の合い間に出て来る
・・・つもりなんだろうけど、メインになってる(笑)。
推理小説じゃなくて、歴史の裏側を垣間見る、と
思って読めばおもしろいかも!?
【2005/11/22 22:32】 URL | me-chang #- [ 編集]


あぁ・・・自分も歴史がおもっっっっっきり苦手で・・・
でも、自分の住んでいる土地が歴史のある場所なんで、
興味はあるんですよね。
こういう本から入ってみようかな。
【2005/11/22 23:25】 URL | mlh #- [ 編集]


あぁ・・・自分も歴史がおもっっっっっきり苦手で・・・
でも、自分の住んでいる土地が歴史のある場所なんで、
興味はあるんですよね。
こういう本から入ってみようかな。
【2005/11/22 23:25】 URL | mlh #- [ 編集]


あ・・・コメントが2重に。。。
【2005/11/22 23:27】 URL | mlh #- [ 編集]


mlhさん、

うはは、オチャメさんですね。

私は年号を暗記しなくても良いっていう立場になって
プレッシャーがなくなったからか、歴史に関わるような本にも
手が出るようになりました。
庶民の立場から見たら実はね・・・っていう
視点が、新鮮で興味深いです。
【2005/11/23 00:53】 URL | me-chang #- [ 編集]


ほほうwますます読んでみたくなってきた。
今気が付いたけど、しばらく前から捕物帖とか好きで読むんだ。それって古い風習とか面白いからかもしれないなぁ。
【2005/11/24 12:22】 URL | 見習い研究者(N) #- [ 編集]


N氏、
そかそか。
高田氏のほうは、「そ、そういうものだったの!?が~ん!!」というタイプの話が
出てくるよ。
いろいろある説の1つなんだろうけど。
【2005/12/02 02:10】 URL | me-chang #- [ 編集]


やっと1冊読んでみたよ~!(図書館で順番待ちした)えーと、「百人一首の呪」かな?
面白かった。多分一番最初の作品だからだと思うけど、ちょっとぎこちないところがあったりして、可愛らしかった。
確かに歴史に興味を持ちたくなるような感じの本だね。それに、殺人事件はいらないかも(苦笑)わざわざ人が死ななくてもイイようなかんじ?w
【2005/12/10 12:27】 URL | 見習い研究者(N) #- [ 編集]


N氏、
おぉ~、百人一首の呪を読みましたか~。
あれ、彼の作品では一番最初で一番読みにくいんじゃないかと・・・。
おもしろいけどね。
個人的には東照宮とか鎌倉とか竜馬、鬼の城あたりが
好き。
で。
ね?ね?殺人とか事件とか、要らないとおもうでしょ(笑)?
【2005/12/11 16:51】 URL | me-chang #- [ 編集]


ちゃくちゃくと図書館で借りて読んでいます。今日は東照宮を読み終わったところ。しっかし、本当に殺人事件必要ないねw今までのところ東照宮はもっとも事件が必要ない話だった気がする。
わたしは六歌仙がこれまでの所では一番好きかなぁ。。。事件はどうでもいいけど、歴史の所がすごく面白かった。
次は式ですよ、早く図書館から借りられるといいな。
【2005/12/25 15:26】 URL | 見習い研究者(N) #- [ 編集]


N氏、
おぉ~、いつのまにやらそんなに進んでたとは!!
東照宮の事件はかなり無理矢理だよね~・・・?
ほんと歴史ミステリーだけで、殺人要らないと思うよ。
歴史はおもしろいんだが。
【2005/12/25 15:45】 URL | me-chang #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://poreporepore.blog9.fc2.com/tb.php/78-d1f44161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。